DEUXIEME CLASSE EAU DE VOYAGE “MIAMI”

夏の装いに身を纏って訪れたいマイアミおすすめスポットをピックアップ。
一押しのホテルにおいしいレストラン、美術館まであなただけの特別なマイアミを。

La Petite Maison

ニースの有名レストラン、ラ プチ メゾンがブリケルへとやってきた。もちろん、フランスらしさと人気のニース料理もそのまま楽しめる。メニューでは、さっぱりとした『トマチーニのカクテル』を特におすすめしたい。席につくと、テーブルに置かれた丸々としたトマトに気が付くだろう。このトマトは自分でカットして、バスケットにいっぱいになったバゲットに乗せて食べることができる。その後は、シーフードのメドレーを楽しんでほしい。料理のほとんどはあっさりとした地中海風のものだが、重量感のあるポテトグラタンやフレンチフライなどのメニューもある。どれも味は格別だ。

ACCESS
1300 Brickell Bay Dr Miami 33131
TEL
(+1)305-403-9133
DETAILS
12時00分〜14時30分、18時00分〜22時30分(土曜はランチ12時30分〜15時、ディナー18時〜22時30分)

http://lpmlondon.co.uk/miami
  • Photography: Courtesy Bass Museum of Art

Bass Museum of Art

マイアミビーチの「文化的キャンパス」の中心を成す美術館だ。美術館の核となっているのが1930年に建造されたマイアミビーチの公立図書館だ。800万ドルをかけて改装された後は各設備が拡張された。美術館が所蔵する常設コレクションには、ロココ様式の絵画、18世紀イギリスの肖像画、フランドルのタペストリー、中国の木版画などがある。世界に巡回するような展覧会も行っており、民族芸術から写真、動画のインスタレーションまで内容は様々だ。トークショーやワークショップも開催されており、素敵な小さいギフトショップも併設されている。現在改装中で、2017年10月にオープン予定。

ACCESS
2100 Collins Ave Miami
TEL
(+1)305-673-7530
DETAILS
12時00分〜20時00分(水・木・日曜は10時〜18時)

https://www.thebass.org/
  • ©Tablet Hotels

  • ©Tablet Hotels

  • ©Tablet Hotels

  • ©Tablet Hotels

  • ©Tablet Hotels

Shore Club

ショア・クラブ(Shore Club)は、各界の名士や映画スター、ファッションモデルなどを惹き付けるシックなホテル。それもそのはず。有名人が集う超モダンなナイトクラブを併設しているだけでなく、五感に訴える本物の贅沢さがあるからです。
一流デザイナーのデビッド・チッパーフィールドによる最先端に近いデザインですが、お洒落にうるさい他のホテルのように、季節ごとにインテリアを変える必要はなさそうです。客室は、白とクリーム色という平凡な内容ではなく、もっと個性的で広々としています。スイートは美しいオーシャンビュー、またプールサイドのバルコニー付きの部屋もあります。2階建てのヴィラのほか、誰にも邪魔されない休日を過ごしたいなら専用プールとプライベートビーチ付きのビーチハウスがいいでしょう。また、ペントハウススイートは、ホテルの上部3階にまたがる約168坪の巨大な空間で、屋上プールと専用スチームサウナ付き。サウスビーチと海をぐるりと見渡すことができます。一方、サービスも充実していて、24時間のバトラーサービスのほか、ビーチで食事やマッサージを楽しめるビーチサービスもあります。

  • ©Tablet Hotels

  • ©Tablet Hotels

  • ©Tablet Hotels

  • ©Tablet Hotels

  • ©Tablet Hotels

The Standard Miami

グラマラスでゴージャスなマイアミビーチで「リーズナブルでシック」という従来のコンセプトを保つ一方、大型ホテルがひしめき合うサウスビーチを意図的に外した立地でマイアミを楽しむことができるのが、このホテルのユニークなところです。
またスタンダードの定番ではありませんが、ここにはスパがあります。ビーチの喧騒から逃れてのんびりしながら泥パックやスチームバスに耽り、ときには消毒臭くないサウンドプールで生のDJに合わせてエクササイズを楽しむことができます。
客室は便利でスタイリッシュ。特に広くもなくデカダンでもありませんが、マイアミにはここの4倍もの料金のホテルがざらにあることを考えれば、十分快適です。白とブロンドウッドの色調と親しみやすいモダンな装飾で、見た目にも温か味があります。20世紀半ばのマイアミのモダニズムと同時代の北欧のテイストを融合させた調度は、全体的に回顧主義的なスタイルで、サウスビーチの雰囲気にぴったりです。

Kiki on the River

マイアミに2016年にオープンしたキキ オン ザ リバー。築100年の魚市場を改築した店内は、マイアミ川のそばでギリシャの世界が花開いたかのような雰囲気だ。白いカーテンが束ねて留められている開放的なデッキと蔦のはう柱も空間を演出し、シンプルで飾り気のない地中海風の食事と、搾りたてのジュースを合わせたカクテル『ウーゾ』も素晴らしい。メインバーがある魅力的で素朴なレストランの雰囲気も捨てがたいが、バーの外の景色を眺めていると外でカクテルを味わいたくなってしまう。

ACCESS
450 NW North River Dr Miami
TEL
(+1)786-502-3243
DETAILS
11時30分〜15時00分、17時00分〜23時00分(金・土曜は11時30分〜15時、17時〜24時、日曜は13時〜24時)

http://kikiontheriver.com/
  • Photography:Courtesy Upland Miami

Upland Miami

Le Zoo、the Continental、Makotoなどのレストランを経営するスティーブン・スターはマイアミに大きな足跡を残してきた。アップランド マイアミは彼が初めてニューヨークからコンセプトを得たレストランだ。サウス オブ フィフスにニューヨークのコンテンポラリーなレストランを忠実に再現し、パスタ料理や木炭の窯で焼いたピザ、季節の野菜などを提供している。店内は、ダークな色合いの木材や、ガラスのジャー、ワインボトルなどが置かれたビストロ風のアクセントが効いている。

ACCESS
49 Collins Ave Miami Beach 33139
TEL
(+1)305-602-9998
DETAILS
ランチ12時00分〜15時00分(土・日曜11時30分〜15時00分)、ディナー 17時30分〜23時00分(金・土曜は24時00分)

http://www.uplandmiami.com/
Content provided by Time Out Tokyo,Tablet Hotels
BACK TO HOME